6月3日(火)に、「MANZEMIプロ講座 作話のプロ・基礎編【第3期】」ストーリー編を開催致しました!
第1回目となる今回の講義のテーマは、

〈ストーリー・構成・アイデア 編01〉

名作に共通する構造とは何か、神話や古典的名作と現代の作品を比較して、共通する構造と型を学ぶ。
投稿者が犯してしまいがちな失敗例を具体的にあげ「なぜ同じ間違いを繰り返すのか?」を考察する。
『ウェーバー技法』による、作品の発想法法の基礎法を学び、実際に自分の作品作りに応用してみる。
作品のテーマとは何か、それ以前にテーマは必要なのか、作品作りの根本に立ち戻り問いかけてみる。
『プロット不要論』について学び、『タッチタイピング思考法』と『リニアコンテ法』を身につける。

【参加者の感想】

物語の構造についていろいろ考えていたのですが、どうもうまく言葉にまとめられずにいました。今回先生に講義していただいた事でまた一つ疑問が氷解しました。これを足がかりに、考えを深めて面白いマンガを描けるようになりたいと思います。


ウェーバー方式の応用やネオ三題噺など2期に受講後、記憶から抜けていたところをもう一度確認できたので、講座が終わっても使って練習していこうと思います。


今までとても苦労してマンガを描いていたので、「そんなやり方もあったのか!」とおどろきました。自分のアイデアを形にする参考にしたいです。


ネオ三題噺メソッドについて他にも例を聞いてみたいし、実践してみたいなと思いました。


「MANZEMIプロ講座 作話のプロ・基礎編【第3期】」ストーリー編 第2回 ストーリー・構成・アイデア 編02は6月10日(火)の開催となります。参加者の皆様、ご期待ください!


 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています