5月20日(火)に、「MANZEMIプロ講座 作話のプロ・基礎編【第3期】」キャラクター編を開催致しました!
第2回目となる今回の講義のテーマは、

〈概論・キャラクター・構造 編02〉

第1回の分析を踏まえて、では具体的にはどうやって独自のキャラクターを造形していくのかを学ぶ。
『今川焼きメソッド』を用いての、立ったキャラクターの造形を実践し、それをみなで検証してみる。
さらに『24時間メソッド』を用い、『今川焼きメソッド』で作ったキャラクターの、拡張方法を学ぶ。
『人・事・物』の連鎖とは何か、ストーリー作りへの足掛かりとなる部分まで踏み込んで、考察する。
『ネオ三題噺メソッド』を応用し、キャラクター作りの可能性を参加者でディスカッションしてみる。

【参加者の感想】

リピーター受講なのですが、やはり自分は今川焼き部分のバリエーションを出す能力が低いっていうか、マンガ的リアクションができないなあと反省しました。


「型からキャラクターを作ってはならない」知ってしまうとそこに頼ってしまいがちになってしまうものなので、大事なことだなと思いました。


キャラクターを立たせるためには、作者自身が色々な人と会い、肉付けしていくことが大切だと思いました。


キャラクター5色理論が登場人物が5人以下の場合でも応用できることに気がついた。


「MANZEMIプロ講座 作話のプロ・基礎編【第3期】」ストーリー編 第1回 ストーリー・構成・アイデア 編01は6月3日(火)の開催となります。参加者の皆様、ご期待ください!


 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています