HOME / トキワ荘プロジェクト? / 基本方針 /

基本方針

■トキワ荘プロジェクト基本方針:

トキワ荘プロジェクトは、漫画家になる為に最初にしなければならないことは沢山原稿を描くことと考え、「1000ページの完成原稿を描いてプロになる」ことを支援します。
※「1000ページの完成原稿を描いてプロになる」の考え方はこちら

■入居者の目標設定:

トキワ荘入居者は事務局と面談してそれぞれの目標を設定します。

描いた原稿は、pixivにアップするなどして事務局に報告し、ネット上で公開します。これは漫画編集者など外部の方に漫画(実績)を見てもらい仕事を得るきっかけをつかむことと、入居者のなかでも描いた漫画を見せ合う、切磋琢磨の意味もあります。

事務局と相談し、原稿を描く以外の目標を設定することも可能です。ただし、「今日の自分より明日の自分のほうが成長している」目標を立ててもらいます。

■「1000ページ描いてプロになる」という考え方の背景:

トキワ荘プロジェクトが2006年から漫画家志望者に低家賃住宅の提供を3部屋から開始し4年が経過しました。既にデビューするなどの実績を作った漫画家も何名か出始めました。(2010年実績)(2009年実績
当初目標であった100部屋提供を今年の初めに達成し、今年は一同で私たちに何が出来るのか、当プロジェクトの次のステップを模索してきました。

漫画を描くことについては、先輩漫画家や編集者の方々が若手漫画家を育て、多くの大学・専門学校にマンガ学科が開校し、漫画製作の技術を教えています。

そんな中で、トキワ荘プロジェクトが教育NPOとして何を出来るのか考え続けました。また、プロ漫画家、編集者、漫画協会関係、学校関係者など多くの方にヒアリングをいたしました。

そこで出た一つの結論が、漫画家でも編集者でも教育者でもない我々は、漫画家を支援するプロになろうという考えです。

当プロジェクトは低家賃住宅を提供しながら、技術的なことを提供するのではなく、入居者が努力を続けられる環境を提供しようと考えました。

■2011年以降トキワ荘プロジェクトで注力する2点:

1.入居者がプロの漫画家になれるように、沢山原稿を描くことを基本に、目標設定や達成の支援をし、努力できる仕組みを提供します。具体的には、コーチングメソッドを追求し、各入居者に合わせた目標を設定し、その目標を達成できるように面談をしつつ目標設定・達成の支援をします。

2.プロを目指す入居者が働く場を得られるように、漫画に関係する新旧の仕事を求め、営業やプロデュースなどを行います。非営利活動法人としての国策提言や、クリエイターのエージェントとして、様々な方面の関係者と、新しい漫画にかかわる事業を創っていきます。

これらを通して、トキワ荘プロジェクトは漫画家支援のプロとして、新しい時代に求められる漫画家育成をして参ります。

 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています