HOME / トキワ荘プロジェクト? / よくあるご質問 /

よくあるご質問≪入居後に関して≫

◆漫画家になるには

Q.漫画家になるために東京で生活すると、どのようなメリットがあるのですか?
A.小学館、集英社、講談社etc 主要な漫画出版社も、画材屋、コミケ他漫画関連イベント、秋葉原や池袋などの情報発信地も東京に集中しています。仕事をするにも、情報を集めるにも、同じ漫画家を目指す仲間と語らうのにも東京は便利な街です。トキワ荘プロジェクトは「本気で漫画家を目指す人」に濃密な修行期間を過ごしてもらうために、東京各所に漫画家の住宅を準備しています。

Q.入居後は何を頑張れば漫画家になれるのですか?
A.入居後のあなたには、トキワ荘事務局からも、外部からも多くの仕事のチャンスが与えられますが、これに積極的にチャレンジして経験を積んだ方のみがプロの漫画家になれます。漫画家にとって最も重要なことはただ一つ「漫画を沢山描くこと」です。沢山描きさえすれば、それを持って出版社をまわり、投稿、新人賞受賞、連載、アシスタントの仕事、など、プロになっていくための多くのチャンスを得ることが出来ます。限られた時間の中で、濃密な時間をすごしてください。

Q.トキワ荘で過ごした先輩は、どのようにプロ漫画家になっているのですか?
A.トキワ荘に入居してプロデビューしている人は、入居する前から目標を掲げています。「1年以内に担当についてもらう」、「2年以内に新人賞を受賞する」「3年以内に連載を持つ」など、人それぞれの目標を掲げ、それに向けて努力を積み重ねていきます。あなたも「本気で漫画家を目指す人」として、強い意思を持ち、限られた時間の中でプロになるチャンスを掴み取ってください。

◆生活面に関して

Q.居住可能な期間、また期間延長の条件・基準等はありますか?
A.目安として3年お住み頂くことが可能です。
期間延長の際には面談を行い、どれだけ真剣に漫画に向き合って来たかを話し合います。
(作品の完成頻度などの測定可能な事柄をベースに、入居時からの「成長度」といった、オモテに現れづらい部分も加味いたします。)

Q.トキワ荘は規則や門限があるのでしょうか。 また、入居してから、作品を何枚提出などの条件はありますか?
A.細かな規則や門限は設けておりません。
(「夜遅く帰って来た時、大きな物音をたてない」などの気づかいはお願いいたします。)
描きあげた原稿の枚数については新たに規則を設ける予定ですので、発表をお待ち下さい。
(2010年10月発表、2011年1月より施行予定)

Q.ゴミ捨て、掃除、炊事、洗濯など、共同で行うことはどのくらいあるのですか?
A.一例を挙げますと、共用部分(階段・廊下・キッチン・お風呂場・洗濯所)の掃除、ゴミ捨て(分別は事前に行う)などを当番制で分担しております。
炊事や洗濯に関しては各自の生活リズム、スケジュールに合わせて個別で行っております。

Q.現在一人暮らしをしていて、生活家電は一通り揃っています。
入居に当って処分するのももったい無く、出来れば持ち込んで使用したいのですが……。
A.お部屋にお持ちこみいただく分には構いません。(小型冷蔵庫など)
共用スペースにお持込する場合、「共同で使用する」という前提条件が付きますが、事前にお問い合わせいただければ対応いたします。(状況によってはお断りする場合もございます)

Q.調理器具の持込は可能ですか?
A.可能です。こちらも念のため、事前にお問い合わせください。

Q.お部屋の模様替えもしたいのですが……。
A.原状回復が必要とならない範囲内でなら、ご自由に変えて頂いて構いません。

Q.初対面の方と住むことに不安や抵抗感があるので、できれば事前に入居者の方々にお会いしたいです。
A.お部屋をご見学頂く際に入居者の方がご在宅であれば、お話しする場を作れるケースもございます。(残念ながら確約はできません)ご見学時以外に、個別にお会いする機会は特に設けておりません。

Q.パソコンを所有していない場合、通信費(インターネット回線)分の割引きなどはありますか?
A.残念ながら割引はございません。ご使用に関わらず通常分の家賃を納入して頂くこととなります。

Q.入居後の家賃の支払い方法は?
A.原則として、月末までに前家賃の銀行振込みをお願いしております。(複数月一括納付でも構いません)
万が一、不慮の事態によりお支払いが遅れる際には、予めお知らせ下さい。

Q.家賃以外にも入居時の手数料や、月々の管理費等はかかるのでしょうか?
A.毎月のお支払いは、家賃代のみです。(光熱・通信費込み。敷・礼金及び入居手数料、更新料も不必要です。)
入居時に一律¥30,000の保証金をお預かりしておりますが、こちらは退荘時に全額ご返金いたします。

Q.友人がたずねてきた場合に宿泊は可能ですか?
A.可能ではありますが、トキワ荘は共同生活の場でもありますので「あらかじめ他の入居者の皆さまへお伝えしておく」などの配慮は、最低限お願いいたします。
※期間の目安としては、最長でも二泊程度で。
※女子寮は原則として男子禁制とさせていただいております。

Q.生活していくうちに、備え付けの家具以外にも必要なものが出てきたのですが……。
A.その都度担当スタッフまでご相談ください。緊急性、必要性、共用性を検討した上で判断させて頂きます。

Q.その他、入居に当って守らなければいけないことはありますか?
A.全荘共通のものとしては、屋内禁煙、ペット禁止などがございます。
家事、掃除分担等のルールは入居者同士で話合いの場を作り、決めていただく様にしております。
(仮に必要であれば、ルール設定の場にスタッフも同席します。)

Q.入居後、プロジェクトスタッフはどの様に関わるのですか?
A.個別のご希望や必要に応じたサポートを行います。
※マイルストーン(中間目標)の設定や、持ち込みサポート、情報・機会提供など。
実例としては、web漫画連載、アシスタント業、小冊子作成等のお仕事や、漫画誌編集者様へのご紹介などがあげられます。

◆その他入居後に関して


Q.入居者の皆さんはどのようなアルバイトをしているのですか?
A.1)漫画と関係のない普通のアルバイト
  2)アシスタント
  3)漫画・イラスト等による収入
  4) 1)〜3)の組み合わせパターン
  ( 5)親等のからの仕送り )
  大まかにいうと上記のようなパターンとなります。割合で言えば多くの人の収入は1)か2)によるものです。3)による収入は人それぞれですが、皆さんそれだけで食べられるようになるのを目標として、頑張っています。

Q.平均的な生活パターンはありますか?
A.あくまで参考程度ですが、週のうち、3〜5日ほどはアシスタントを含むアルバイトをしている人が多いようです。アルバイトの時間帯は昼中心の人もいれば、夜間の人もいます。ただ、夜間のアルバイトをしている人はそれほど多くないようです。そして、残りの時間を漫画制作に当てます。荘での生活が中心ですが、週刊連載のアシスタントに行く人は泊りがけのケースも多いようです。

これらのQ&Aを読んでも解決できない疑問がある場合、こちらまでお問い合わせ下さい。


 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています